ゆいぽおとの本

環境、教育

子育てを感動にするおもちゃと絵本

子育てを感動にするおもちゃと絵本
著者藤田 篤 (ふじた あつし)
仕様四六判 並製 本文152ページ
発行年月日2013年3月28日
定価本体1200円+税     
ISBN978-4-87758-446-7

 おもちゃと絵本で、もっと楽しい子育てを!


 子どもの成長過程に添って、今がどんな時期で何が必要かを説明しながら、具体的なおもちゃや絵本の与え方をまとめました。

 男の子二人をパートナーと一緒に、しっかり育て上げた著者の体験も随所に記され説得力があります。

 おもちゃや絵本選びの参考になるのはもちろんですが、子育ての楽しさが再発見できる書となっています。

一日おもしろ学校ごっこ

一日おもしろ学校ごっこ
著者おもしろ学校職員室
仕様A5判 並製 本文264ページ
発行年月日2012年12月13日
定価本体1600円+税      
ISBN978-4-87758-440-5 

小学生のときに、こんな授業を受けたかった!


 19年かけてこつこつと43回を積み上げてきた公開授業「一日おもしろ学校ごっこ」の集大成。

 身近な算数、てつがく、からだのはなし、けがのはなし、領土問題、歴史の法則、ものづくり、手品、原子力発電と暮らしなど、さまざまなテーマで、5人の達人が、とっておきの授業を紹介しています。

 子どもが1人で、親子で、学童で、こども会で、先生が教室で、おとなが1人で……さまざまな形で楽しめます。

なごや環境首都宣言 トップランナーは、いま

なごや環境首都宣言
著者松原武久
仕様四六判 上製 本文272ページ
発行年月日2006年8月16日
定価本体1600円+税  
ISBN4-87758-406-4
 ごみ減量に成功した名古屋が次に挑戦するのは、もちろんCO2削減。切羽詰まったごみ減量で「分別文化」と「協働文化」が育ち、愛・地球博で二十一世紀が環境の世紀と意識づけられました。そして、愛・地球博閉幕後わずか半年で、名古屋市民の20万人以上がエコライフ宣言をしました。次々と打ち出されるCO2削減のための秘策を紹介。

なごや環境夜話 「これならできる」を見つけよう

なごや環境夜話
著者チームマイナス10%=松原武久+萩原喜之+飯尾歩 
仕様四六判 並製 本文224ページ
発行年月日2009年9月28日
定価本体1400円+税   
ISBN978-4-87758-426-9
 人間が好き、人生が好きだから、  今できることを今したい、  今できることを考えたい――  3年間にわたり、竹下景子さん、柳生博さん、柴田昌治さん加藤敏夫さん、横井辰幸さん、辻淳夫さん、杉山範子さん、広田奈津子さん、竹内恒夫さんをお招きして、「環境首都」「生物多様性」「地球温暖化」などについて語り合った記録。  環境問題初心者に向けての解説も充実。  編著者のチームマイナス10%は、2006年刊行『名古屋環境首都宣言』の特別鼎談で結成されました。当時名古屋市長の松原武久、市民運動家の萩原喜之、新聞社論説委員の飯尾歩の異色の3人です。

生物多様性 リオからなごや「COP10」、そして…

生物多様性 リオからなごや
著者堂本暁子
仕様四六判 並製 本文304ページ
発行年月日2010年10月28日
定価本体1600円+税   
ISBN978-4-87758-432-0
 わたしたち人間も  他のいきものとのつながりのなかで  生きています  1年に約4万種、すなわち13分に1種の割合で植物や動物が絶滅していると推定されています。  生物多様性をめぐっては、1992年のリオ「地球サミット」から、2010年「なごやCOP10まで、地球の将来、そして人類の未来を決める正念場ともいえる出来事の連続でした。  国際政治の間で「生物多様性条約」の制定に深くかかわった著者が、ジャーナリストの視線で生物多様性をめぐるドラマをいきいきと綴ります。

国語教育とマンガ文化 二十一世紀の課題と提言

国語教育とマンガ文化
著者根本正義
仕様A5判 上製 本文328ページ
発行年月日2010年9月29日
定価本体2800円+税
ISBN978-4-87758-431-3
 落ちこぼしをどう救うか。  研究者にとって文章を書くとはどいうことか。  男の子と女の子の文化をどう考えるか。  マンガも文化だという考え方を、国語教育界にどう定着させるか。  国語教育界がかかえているさまざまな課題を明らかにし、子どもたちにとってよりよい教育環境を整えるために、一石を投じる渾身の作。